>

歯医者に行きやすい環境づくり

通いやすい歯医者を選ぼう

お口の健康と早期治療に大変効果的な定期検診。なるべくなら続けたい、良いことが多いことは分かっているけれど、なかなか定期的に通えない。そう思っている方もおられるでしょう。そんな方に定期的に通うためのポイントについてご紹介します。
まずは通いやすい歯医者さんを選ぶということ。距離的な問題はもちろんですが、通いやすい状態にある歯医者さん選びも大切です。
予約の際に取れずに諦めてしまうといったケースもありましょう。とくに人気の歯医者さんとなると、数か月先まで予約がいっぱいで定期検診の予約を取りづらいという場合もあります。そんなときには一度、受診した際に次回の受診日を決めてしまうことで、継続して受診する方法があります。

歯医者からの定期連絡

また歯医者さん側から連絡を得られるという場合もあります。これは歯医者さんによって対応が異なるため、事前確認しておく必要がありますが、一度定期検診を受けた際に、それから半年後や、患者さんの誕生月などに、前回の定期検診からどの位経過しているか明記した連絡を受けるサービスを提供している歯医者さんもあります。
希望者にしかサービスを行っていない場合や、そもそもサービス自体を行っていないケースもありますが、こうした場合にはご自身のカレンダーや手帳、スマホのカレンダー機能などに、定期検診の日付を記録しておきましょう。
平均的に定期検診は、3ヶ月から半年に1回が適切といわれています。前回の検診から数えるのにも、こうした記録は大きな役割を果たしてくれるでしょう。


この記事をシェアする