>

きれいなお口を継続させるために

ブラッシングの癖を修正できる

歯磨きは軽い力で、全体を丁寧に行うのが基本とされています。そのため歯ブラシは握りしめず、軽く指で押さえ、不要な力を掛けないこと、また歯に設置させる歯ブラシも強く押さえつけないようにするというのが基本的なブラッシング法です。
そうとは理解しつつも、そのブラッシングを続けるのはなかなか難しいもの。どうしても力が余計に加わってしまうことは多くあります。加えて、全体を均一に磨きたいと思っているのに、どうしても一部を何度も磨いてしまうといったケースも起こるものです。
定期検診では、こうした日頃のブラッシング法についてもその問題点を修正してくれるというメリットがあります。定期的な受診によって、いつの間にか磨き方が変わってしまうといった心配も生じづらいのです。

プラークや歯石を早めに除去

定期検診の際、併せて歯石除去やクリーニングを依頼することができます。こうした歯石除去やクリーニングは定期的に行うほど、よりお口の健康維持を保つことができます。
ブラッシングは毎日、定期的に行っているという方でも、歯石やプラークはついてしまうものです。そしてこうしたものはそのまま放置することで、虫歯や口臭の原因になってしまいます。
例えば、何かの理由で歯茎に炎症が生じても、こうして日頃からマメにメンテナンスしているお口の場合には、細菌も少なく、炎症も早めに回復しやすいもの。お口のメンテナンスそのものがお口の健康維持に欠かせないのです。
定期検診では、こうしたお口のメンテンナンスへの助言も行っているため、どのタイミングで歯石除去やクリーニングを行うべきか検討材料とすることもできます。


この記事をシェアする