>

定期検診はお口の健康維持に欠かせない

早めに虫歯を見つけることで

虫歯の発生は個人差があります。歯の強さはひとそれぞれ。そして口腔内の状態も人それぞれ違うため、虫歯が出来るのには個人差が生じるのは仕方ないところです。虫歯が出来やすい人にとって、それはとても厄介なところ。しかも、できやすい体質の人には、何度も歯医者に通うのが億劫に感じてしまうということもあるでしょう。
しかし虫歯は一度できてしまうと、決して自己回復しません。それどころか、放置すればするほど悪化するもの。痛みだけでも嫌なのに、放置すると今度は歯の根幹にまで影響し、最悪の場合に抜歯となることもあるのです。痛いだけでなく抜けてしまう恐ろしい結果とならないためには、早めに虫歯を発見することが重要です。
歯の定期検診は、こうした虫歯の早期発見に欠かせません。

患者にかかる負担が軽減する

また虫歯の早期発見は、患者さんにかかる負担を大きく軽減する効果もあります。虫歯はご紹介したように、一度できてしまうと、それ以後悪化するもの。放置は最大の危険といえましょう。
しかし定期検診によって、早めに発見することは、こうした悪化を防ぐことになります。そしてそれだけでなく、強い痛みが生じる前に処置できるという利点もあります。痛みを感じる程度をより低くさせ、加えて処置にかかる時間も短時間で済ますことができます。
初期段階の虫歯は、短時間で除去が可能です。短時間で処置が可能ということは、その治療にかかる費用の面でもお手頃価格出治療を受けることができるということ。
つまり定期検診によって、早期の虫歯を金銭的にも、精神的にも負担軽減した状態で治療を受けることができるというメリットがあるのです。


この記事をシェアする